Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

新田原基地 工事止め説明会開け 党宮崎県委が防衛局に申し入れ

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 航空自衛隊新田原(にゅうたばる)基地(宮崎県新富町)で弾薬庫など「緊急時」に米軍を受け入れるための施設工事が着工された問題で9月2日、日本共産党宮崎県委員会は工事を止め、住民説明会を実施するよう福岡市の九州防衛局に申し入れました。まじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例候補、仁比聡平前参院議員が同席しました。

 参加した新富町に住む海老原司さんは、町議会で町長は「(米軍の施設使用時期は)普天間基地(沖縄県)の移設が済んだ後に使用開始すると理解している」と答弁しているが、新富町や西都市の住民に配布(2018年10月)された防衛省のビラでは工事が終わって、引き渡し後に使用すると書いているとただしました。

 防衛局側は「(米軍の施設使用開始時期について)町長と防衛省との間の認識のそごは確かにある」と認めました。仁比氏は「(地元の)理解も協力も全く得られていない」と指摘しました。

 松本隆党県書記長は「住民が求めているのは、なぜいま米軍の弾薬庫が必要なのか、弾薬はどういうものが入るのかという素朴な、当然の心配だ」と述べ、前屋敷恵美県議も住民説明会の開催を要求しました。

 まじま氏は「陸上イージスでは住民説明会を5回開き、やらないままに工事に入っている新田原基地とは対応が全然違う」と批判しました。(しんぶん赤旗 2020年9月3日)

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード