Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

「総選挙で決着を」街頭で訴え 自公政治行き詰まり 北九州、福岡で笠井氏

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 総選挙に勝利しようと、日本共産党福岡県委員会は9月19日、笠井あきら衆院議員を迎え、北九州市と福岡市で街頭演説をしました。田村貴昭衆院議員、まじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補(福岡9区重複)がともに訴えました。楽器を持った青年や買い物客が次々と足を止めました。

 笠井氏は、新たに発足した菅政権について「安倍首相のいない安倍内閣」であり、自公政治の行き詰まりを示していると指摘。一方、首相指名選挙で立憲民主党の枝野幸男代表に立憲野党がそろって投票したことで、政権交代が現実的な目標として見えてきていると強調しました。菅首相は「自助・共助・公助」と自己責任を押しつけていると批判。どういう日本をつくろうとしているかの日本共産党の提案を紹介し、「九州・沖縄で比例2議席以上を獲得しよう」と呼びかけました。

(動画はコチラ)

 田村氏は、基地強化反対のたたかいや災害対策で実績を挙げてきたことを述べて「共産党の議席を伸ばしてください」と訴え。まじま氏は「私を国会に送ってください。国民の命と暮らしに全力を挙げます」と決意を述べました。

(動画はコチラ)

 北九州市では、かわの祥子衆院福岡8区予定候補が決意表明。来年の北九州市議選予定候補10氏が紹介されました。福岡市では、衆院福岡選挙区予定候補の木村たくじ(同1区)、古賀しんご(同5区)が決意を述べました。

 初めて演説を聞いたという、障害者支援の仕事をする男性(41)は、自民党の福祉切り捨て政策で「現場は大変。共産党の福祉政策に期待している」と話しました。(しんぶん赤旗 2020年9月21日)

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード