Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

天ケ瀬温泉復興へ懇談 まじま比例予定候補に住民ら要望 大分・日田

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 日本共産党のまじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補は10月28日、7月の記録的豪雨で大きな被害を受けた大分県日田市天瀬町で党市議団が開いた「温泉街復興に向けた懇談会」に参加し、地元住民、旅館経営者らから暮らしと生業(なりわい)再建への思いや要望を聞き取りました。

 天ケ瀬温泉街の早期復旧と営業の早期再開をめざす旅館経営者からは「なりわい再建補助金は改修や建て替えなどにも使えるのか」「申請したいが、期間の延長はあるのか」などの質問や、県が先ごろ示した玖珠(くす)川改修案について「川底を掘り流量を抑えるというが、泉源に影響が出るのではないか」などの疑問や不安の声が相次ぎました。

 まじま氏は「なりわい補助金の期間延長や河川改修までの休業補償でみなさんの暮らしと生業再建への道を支えることが求められます。専門家も加えた中長期の河川整備計画も急がれます。住民のみなさんが未来に向け安心できる支援を国、県に求めて力を尽くしたい」と応じました。

 まじま氏は同日、日田市と日田郡の両森林組合とも懇談し、コロナや豪雨被害の実態を調査。日隈知重、大谷敏彰の両市議が同行しました。(しんぶん赤旗 2020年10月29日)

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード