Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

憲法守る新政権を 首相の任命拒否批判 平和ネット憲法集会 北九州

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 憲法公布74周年の11月3日、平和をあきらめない北九州ネットは北九州市のJR小倉駅前で「平和ネット憲法集会」を約80人の参加で開きました。

 「9条改憲NO!」などと書かれたのぼりを掲げ、弁護士、大学教授、政治家らがスピーチをし、市民にアピールしました。政党から日本共産党のまじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補、立憲民主党の城井崇衆院議員、社民党の佐々木允県議と無所属の緒方林太郎前衆院議員があいさつしました。

 まじま氏は、「安倍晋三前首相をはじめ、改憲勢力が憲法を変えられなかったのは国民の力だ」と訴え。次の総選挙で野党連合政権を実現し、「希望ある未来をひらく。新自由主義からの転換で、手を差し伸べる政治を目指す」と力を込めました。

 城井氏は、菅義偉首相の日本学術会議の会員任命拒否について批判。命と暮らし、憲法と法律を順守する新しい政権を目指すとし、「みなさんと一緒に頑張っていく」と訴えました。

 代表の前田憲徳氏=弁護士=は、「今日この日を菅政権からの転換点にしていきましょう」と呼びかけました。(しんぶん赤旗 2020年11月6日)

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード