Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

菅政権の「自助」批判 九州・沖縄ブロックいっせい宣伝 まじま衆院候補

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 九州・沖縄8県の日本共産党は11月16日、政権奪取へ打って出ようと、いっせい宣伝を行いました。まじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補(福岡9区重複)は福岡県宗像市で末吉孝、新留久味子、川内亮の3市議らとともに訴えました。

 まじま氏は、菅政権の日本学術会議会員の任命拒否について、「学問の自由」、「思想・信条の自由」を守れと、戦前の日本共産党のたたかいにもふれ、「徹底的にたたかっていく」と表明しました。「国民に公助をつぎ込まなければならない」と菅政権の「自助」論を批判し、「持続化給付金」の継続や消費税減税を主張。共産党がめざす新しい日本の「七つの提案」を紹介し、「次の総選挙で日本共産党の躍進、野党連合政権の実現をめざし全力を挙げる」と訴えました。

 買い物客や車の中から次々に声援が寄せられました。69歳の男性は、「共産党にお世話になった。応援しています」、70代の女性は「消費税はない方が良い」と話しました。(しんぶん赤旗 2020年11月17日)

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード