Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

大分県党後援会 まじま氏迎え総会

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 大分県日本共産党後援会は11月22日、まじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補を迎えて総会を大分市で開きました。

 林田澄孝党県委員長はあいさつで「総選挙がいつあってもおかしくない情勢だ」と強調。「野党連合政権実現をめざし九州・沖縄比例90万票、大分県6万票の獲得で、総選挙、大分市議選、中間選挙のすべてに勝ち抜く党をつくるため力をあわせよう」と呼びかけました。

 まじま氏は、コロナで国民を突き放し犠牲にする政治でなく、暮らしやケア、働き方、子育てなどで苦しんでいる人に手を差し伸べる政治への転換を訴え。「共産党の加わる政権ができれば安倍政権から続く自公政治の悪事はすべて暴かれる。総選挙は政権交代実現をめざす共産党と市民の本気を示していこう」と力を込めました。

 山下かい衆院大分1区予定候補、来年2月の大分市議選、続く中間選挙をたたかう候補者らが次々と決意を表明。総会は会長を新たに選出し、必勝を誓い合いました。(しんぶん赤旗 2020年11月24日)

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード