Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

野党連合政権を必ず 福岡5区事務所開き まじま氏訴え

活動報告



 日本共産党のまじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補は11月22日、福岡県太宰府市で古賀しんご衆院小選挙区予定候補(福岡5区)の事務所開きに駆け付け、野党連合政権の実現に向け日本共産党の躍進をと訴えました。

 まじま予定候補は、ケア労働現場の苦境や若い世代の貧困を語り、日本共産党の七つの堤案を実行しなければ日本の未来がないと強調。総選挙にのぞむなか党躍進の勢いを見せようと呼びかけ「この事務所が政権交代の起点。今の政治を変えたいという市民の思いを日本共産党と古賀予定候補に集めてほしい」と力を込めました。

 古賀予定候補は、菅政権のコロナ対策を批判し、「市民と野党の共闘で政治を変えよう」と訴えました。

 参加した介護事業所で働く男性(40)は「自分の働く現場も低賃金で若い人が来ないので、ヘルパーが年寄りばかりになっている」と共感し、「自公政権を切り崩してほしい」と期待を語りました。(しんぶん赤旗 2020年11月24日)

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード