Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

労働者を守るために 東部地区労大会 まじま比例予定候補が総選挙勝利へ決意 福岡

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 日本共産党のまじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補は12月3日、福岡東部地区労働組合協議会の第63回定期大会で来賓のあいさつをしました。戸田進一福津市議、内場恭子・古賀市議がともに出席しました。

 まじま氏は、コロナ禍で、非正規労働者が解雇・雇い止めにあうなど甚大な影響を受ける中、菅義偉首相がフリーランスの拡大をすすめていることを批判。「人間らしく働くルール確立のためにも、次の総選挙で政権交代、野党連合政権をめざす」と決意をのべました。

 議長の安武フトシ氏は、「憲法を守る、消費税減税など、野党が一致してたたかうことが必要。地域での共闘を広げていこう」と呼びかけました。

 大会では、「同一労働同一賃金」、正規労働者への転換を掲げ、パート、非正規労働者の組織化をすること、地方自治を守ること、地域の共闘を広げていくことなどの方針を確認しました。(しんぶん赤旗 2020年12月5日)

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード