Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

新しい日本つくる 宮崎でつどい 総選挙で躍進訴え

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 日本共産党のまじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補は、宮崎県で12月22日、国富町の党支部が主催した集いに、来年の町議選で再選をめざす飯干富生議員とともに参加しました。

 まじま氏は、コロナ禍で悲鳴を上げる医療現場や深刻な影響を受ける国民の暮らしへの支援など、優先すべき課題は置き去りにして軍事費の増額や大企業への支援をすすめる菅政権を批判し「政権を代えるしかない」と強調。日本共産党の「新しい日本をつくる五つの提案」を紹介し、野党運合政権をつくり国民のための政治を行うためにも、ぶれない日本共産党の議席を増やすことが大事だとして、党躍進への支援を呼びかけました。

 参加した「しんぶん赤旗」日曜版読者が「まじまさんの話がよかった」と述べ、日刊紙の併読を約束しました。

 集いにつづいて、合流した前屋敷恵美県議と町内で街頭宣伝。商店街では「今の政治じゃだめですね」との声が聞かれました。

 宮崎市で伊豆康久前市議が開いた集いでは、農業や販売など40代の若い世代の人たちと、農業や雇用、教育など、さまざまな問題でざっくばらんに語り合いました。(しんぶん赤旗 2020年12月25日)

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード