Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

命守る新政権つくる 九州・沖縄いっせい宣伝 共産党の躍進訴え

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 九州・沖縄8県の日本共産党は5月17日、各地でいっせい宣伝を行いました。「コロナ封じ込め」に向けて政府の責任を果たさせるとともに、総選挙で命と暮らしを守ることを第一とする野党連合政権をつくろうと呼びかけました。

まじま比例予定候補 「力を合わせ政権交代」 福岡

 福岡市ではJR博多駅前で、まじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補が福岡県委員会のメンバーらとともに訴えました。

 まじま氏は、菅義偉政権のコロナ対策を批判し、ワクチンの安全・迅速な接種と大規模な社会的検査、地域医療を支える医療機関の減収補てん、などを政府に求める、日本共産党の提言を紹介しました。次の総選挙で「野党が力を合わせれば政権交代ができる。新しい政権を一緒につくりましょう」と訴えました。

 伊勢田良子書記長は、「お困りごとは日本共産党へ」と呼びかけました。

 東京オリンピック中止とコロナ対策の集中を求める志位和夫委員長の記者会見(6日)を紹介するビラを配布。通る人が次々に受け取りました。92歳の男性は「どの党よりも共産党の主張が正しい。昔から応援している」、72歳の女性は「政府はオリンピックの中止を早く決断してほしい」と話しました。(しんぶん赤旗 2021年5月19日)

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード