Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

五輪固執の菅政権ノー 国民の命を守る政治に 北九州市でまじま氏訴え

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 九州・沖縄ブロック8県の日本共産党は6月21日、各地でいっせい宣伝を行いました。北九州市八幡西区では、まじま省三九州・沖縄比例候補(福岡9区重複)が、伊藤淳一、永井佑両市議と朝宣伝をしました。

 まじま候補は、オリンピック開催に固執する菅政権を批判。国がすべきことはコロナ封じ込めのための検査体制確保や医療の減収補填(ほてん)、暮らしと営業の保障だと強調。「市民と野党の共闘で政権交代を実現しえたい。大企業・富裕層の応援をする政治から、国民の命と暮らしを第一にした政治に大きく転換しよう」と呼びかけました。

 伊藤、永井両市議は市内のワクチン接種の改善を進めてきたことなどを報告。宣伝中も、通りがかった市民から「ワクチン接種の電話がつながらず、市はあてにならない」と市への苦情が寄せられ、党事務所での申請支援を案内しました。

 宣伝に参加した川副さつきさん(70)は、「ワクチンの話をすると『今度のことで国が一番おかしいと初めて分かった』と話が弾む。野党共闘で自民党を倒したい」と話しました。(しんぶん赤旗 2021年6月22日)

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード