Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

営業・暮らし共に守る 福岡・筑紫民商総会 まじま氏あいさつ

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 日本共産党のまじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補は7月20日、福岡県大野城市で筑紫民主商工会の第49回総会であいさつしました。

 まじま氏は、コロナ禍のもと持続化給付金の申請支援などで示された民商の連帯の力を強調しました。持続化給付金を1回きりで打ち切りまともな休業補償を行わない菅政権を批判。消費税減税に向けた野党共闘の進展を語り、「(中小業者の営業とくらしを)絶対につぶされてたまるかという気持ちで、皆さんと一緒に総選挙をたたかいぬく」と決意を述べました。

 隅信一会長は、持続化給付金などの申請支援活動と申請手続きの改善を語り「政治は変えられると肌で感じた。困難な時こそ民商の出番。会員の手で困っている業者を助け、もっと大きな民商をつくろう」と語りました。

 総会では筑紫民商50周年をさらなる増勢で迎えることをめざす運動方針を採択しました。(しんぶん赤旗 2021年7月24日)

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード