Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

コロナ苦 中小業者代弁/まじま省三衆院予定候補 比例九州沖縄ブロック・福岡9区重複

地域(調査活動・演説会・懇談会等)



 医療、労働、観光などさまざまな団体と懇談を重ね、現場の声に耳を傾けます。熱心にメモをとる姿も。コロナ禍で苦しむ中小企業との懇談で「政権交代すればすぐに国会を開き、年内の早いうちに持続化給付金や家賃支援給付金の支給ができる」と励まします。「必ずや国会に戻る」と議席奪還を目指します。

 衆院議員時代は経済産業委員会で、大企業のリストラや下請けいじめの問題を、社名をあげて追及し、大企業の社会的責任を問うたたかいに力を注ぎました。九州北部豪雨の被災地を訪ね、直接補助を求める業者の声を国会に届けました。

 温暖化との関連性が指摘され、毎年のように九州を襲う豪雨。石炭と原発に固執する政府を批判します。

 「目先の利益を優先し環境を破壊する新自由主義への疑問の声は、被災者からも上がっている。九州は、原発稼働のために再エネが制御されている。本格的に再エネに転換すれば、気候危機の打開だけでなく雇用も生みだされる」

 もうける企業に特化し支援をする政府に「大企業がどんなにもうけても、国民の生活は豊かにならないのが明らかだ」ときっぱり。「地方の企業の圧倒的多数を占めるのは中小・小規模企業で、そこへの支援こそ地域活性化への道だ」と、まじま氏が訴えると、街頭やつどいでは「そうだよね」「話を聞きワクワクした」との期待の声が寄せられます。

 「政権交代で、産業でも多様性を尊重し、個性を生かせる社会にしたい」(しんぶん赤旗 2021年10月18日)

元衆院議員(1期)、党中央委員

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード