Bookmark this on Yahoo Bookmark
Share on LinkedIn
Pocket
Bookmark this on Google Bookmarks

党の魅力広げよう 長崎で総選挙報告集会

地域(調査活動・演説会・懇談会等) 活動報告




 
 日本共産党長崎県委員会は11月6日、田村貴昭衆院議員、真島省三元衆院議員を迎えて「総選挙報告集会」を長崎市内で開催しました。

 
 3期目の当選を果たした田村氏は、「長崎新聞」の報道も紹介して「野党共闘が自民党を追い詰めたことは明らか。野党共闘と日本共産党の政策的優位性に確信をもって、来年の参院選にのぞもう」と訴えました。
 

 
 比例候補として奮闘した真島氏は、党の政策が共感を広げたことを紹介し、「総選挙では時間が足りなかったが、参院選までなら間に合う。今から語り広げる」と決意をのべました。
 

 
 長崎1区候補として奮闘した安江綾子氏は、「これからも党の魅力を伝えていきたい」と語りました。
 
 総選挙で党を支援した被爆者の田中安次郎氏は、「来年は創立100周年の大事な年。参院選に向け今から頑張ろう」と参加者を激励。長崎大学の戸田清教授、「いしきを学ぶ会」の森下浩史氏も党への期待をのべました。
 
 野党統一候補として奮闘し、比例区で復活当選した立憲民主党の山田勝彦、末次精一両衆院議員からのメッセージが披露されました。「野党の共通政策を一つ一つ実現すべく、尽力してまいります。共に頑張りましょう」(山田氏)、「衆院選は、政権交代に向けての大きな飛躍の一歩。さらに共闘体制を進めることが肝要」(末次氏)と紹介されると、会場から大きな拍手が寄せられました。(しんぶん赤旗 2021年11月10日)

<< >>

  • まじま省三Facebook

  • 日本共産党九州沖縄ブロック

  • しんぶん赤旗 議員活動記事

  • 赤嶺政賢

  • 田村 貴昭

  • 仁比そうへい

  • TVインターネット審議中継

  • 日本共産党中央委員会

  • 素材ダウンロード