まじま省三

日本共産党

活動報告

改憲反対の旗堂々〜北九州ネットまじま候補ら

出典:しんぶん赤旗 2022年5月20日(金)

訴える、まじま省三参院福岡選挙区候補
訴える、まじま省三候補 = 19日、北九州市

「平和をあきらめない北九州ネット」は19日、北九州市八幡西区のJR黒崎駅前で19日行動をしました。日本共産党の、まじま省三参院福岡選挙区候補や、各野党の参院候補が訴えました。

まじま候補は、ロシアのウクライナ侵略を批判するとともに、東アジアで憲法を生かした平和外交をしようと呼びかけ。危機に乗じて憲法改悪を狙う自民、公明、維新などに参院選で厳しい審判を下そうと述べ、「市民と野党の共闘で『安保法制廃止・立憲主義回復』の旗印を堂々と掲げ、憲法改悪を許さない立場を共有してたたかいぬこう」と訴えました。

同ネットは参院選で3人区の福岡選挙区などをたたかう野党候補にスピーチを呼びかけ、社民党の福本貴紀氏が訴え。立憲民主党の古賀之士参院議員、れいわ新選組の大島九州男、奥田芙美代両氏がメッセージを寄せました。

街頭宣伝に足を止めた男子高校生(15)は、「日本だけではなく世界中を平和にするために憲法を活用するというのはとてもいい考えだと思う。憲法9条を変えないというのは賛成です」と話しました。

活動報告一覧に戻る