まじま省三

日本共産党

活動報告

青年共感「学費は半額に」@青年学生後援会、まじま氏とシールアンケート

出典:しんぶん赤旗2022年6月21日(火)

シールアンケートをもとに青年と対話する、まじま省三福岡選挙区候補
シールアンケートをもとに青年と対話する、まじま候補 = 19日、福岡市博多区

参院選公示前の最後の日曜日の19日、日本共産党青年・学生後援会は、福岡市のJR博多駅前で、まじま省三参院福岡選挙区候補とシールアンケートに取り組みました。まじま候補は、「苦しい暮らしは皆さんの責任ではありません。党の政策を知ってほしい」と訴えました。

「政治に関心がない」という市民も「最低賃金1500円」や「学費は半額」の項目にシールをはり対話に。「投票に入ったことがないけれど、支持するなら、まじまさん。共産党のビラも読んでみます」(21歳、女性)、「今奨学金を申請していて学費半額はしてほしい。話を聞いてこの機会に投票に行こうと思いました」(21歳、女子学生)との声が寄せられました。

SNSで宣伝を知り話を聞きに来た市民も。「不安定な職で働く人が増えると社会が良くならない。是非応援したい」(35歳、契約社員の女性)。「翻訳の仕事で独立を目指していたや先に消費税のインボイス。フリーランスでは仕事ができなくなる」(37歳、会社員の女性)と、政策への共感が寄せられました。

活動報告一覧に戻る