まじま省三

日本共産党

活動報告

希望持てる社会へ まじま氏迎え青年のつどい

出典:しんぶん赤旗2022年6月21日(火)

日本共産党のまじま省三参院福岡選挙区候補は18日、福岡市の中央・南地区で青年のつどいに参加しました。

まじま候補は、「低すぎる最低賃金は政治の力で上げられる。若者が希望を持てる社会にするために日本共産党を躍進させてほしい」と呼びかけました。

時給900円のアルバイトで働く女子高校生(17)は「なんで給料上がらないのかってずっと思う」と語りました。まじま候補は「賃金が上がれば、自由な時間を増やすこともでき、人に優しくもなれる」と述べ、ヨーロッパなどの働き方を紹介しました。

初めてつどいに参加した男性(20)は、「日当8,000円で11時間から12時間働いていて、見習い期間が終わったのかもわからない。集いの話は勉強になるし、困っている人がいれば教えてあげられる」と話しました。

堀内徹夫、松尾律子両市議が同席しました。

活動報告一覧に戻る