まじま省三

日本共産党

活動報告

まじま選挙区候補決意 福岡で決起集会

出典:しんぶん赤旗2022年6月24日(金)

党の値打ちを語り、決意を述べる、まじま候補
党の値打ちを語り、決意を述べる、まじま候補

日本共産党のまじま省三参院福岡選挙区候補は22日、福岡市南区で開かれた、党中央・南地区委員会の決起集会に駆けつけ訴えました。
まじま氏は、平和の問題で「戦争にならないように体を張って頑張るのが政治の責任だ。日本共産党は(党をつくって)100年間、その立場でまっすぐ頑張ってきた」と訴え。暮らしの問題で、大企業の内部留保課税での賃金引き上げの提案も「共産党だからこそできる」と党の値打ちを語り、「全力で頑張る」と力を込めました。
68人が参加。堀内徹夫、松尾りつ子両市議がともに訴え、地域、職場から5支部が発言し、決意を固めあいました。
参加した入党して間もない長住支部の下川マリ子さん(74)は、長年の「しんぶん赤旗」日曜版読者でした。今度の選挙で初めてビラ配りに参加し、「友人にも支持を広げています」と話しました。

活動報告一覧に戻る