まじま省三

日本共産党

活動報告

ケア支える政治こそ 民医連党九州・沖縄有志後援会がオンライン演説会 小池氏が訴え

 「今こそ、命を守る政治を」と、民医連日本共産党九州・沖縄有志後援会は10月8日、小池晃書記局長・参院議員を弁士にオンライン演説会を行いました。

 小池氏は、新型コロナに感染し自宅で亡くなった人など「人災」が相次いだコロナ禍を振り返り、「コロナのもとで本当に苦しめられてきた。民医連のみなさんにとってこれほど日々の仕事と直結した分かりやすい選挙はない。医療・介護を冷たく切り捨ててきた政治の矛盾が一気に噴き出した。何でも『自己責任』ではなく、ケアを支える政治を実現する選挙にしよう」と力強く呼びかけました。

 原則自宅療養の方針を改めて病院で医療を受けられるよう臨時医療施設をつくる、ワクチンと一体の大規模検査など党のコロナ封じ込め戦略を説明。自公政権が75歳以上医療費の窓口負担2倍化や病床削減を強行してきたことに触れ、「コロナ危機の反省もなく医療を削り病院をつぶすような政治に未来はない」と批判し、暮らし、環境、ジェンダー、平和―党の「四つのチェンジ」を語りました。

 比例九州・沖縄ブロックで2議席以上、沖縄1区で、あかみね政賢議員、「オール沖縄」の全員勝利で「与野党逆転を実現し、九州・沖縄から政権交代ののろしをあげるために『比例は共産党』と、どうか広げてください」と重ねて訴えました。

 あかみね政賢=現・沖縄1区選出=、田村貴昭=現=、まじま省三=前=、まつざき真琴=新=の各衆院九州・沖縄比例予定候補が訴えました。「辺野古の基地建設中止のためにも党躍進とオール沖縄勝利を」(あかみね氏)、「医療・介護スタッフの待遇改善が必要」(田村氏)、「今度の総選挙ほど命を守ることが大争点の選挙はない」(まじま氏)、「コロナで多くの命が失われたことに自公政権は責任を感じるべき。政権交代しかない」(まつざき氏)と訴えました。

 沖縄協同病院の研修医は、コロナ禍で医療従事者が感染におびえて働いていることや、助かるはずの命が助けられない実態を告発。「『Go Toキャンペーン』や五輪を強行した政治がこの状況を作り出した」と指摘し、「弱者も大切にしてもらう政治をするために野党共闘と共産党の躍進が必要。頑張りましょう」と呼びかけました。(しんぶん赤旗 2021年10月10日)

地域(調査活動・演説会・懇談会等)一覧に戻る