まじま省三

日本共産党

活動報告

若者の願い託して 大学周辺でまじま予定候補 宮崎

 日本共産党のまじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補は10月13日、党の支持決議をあげている日本民主青年同盟宮崎県委員会とともに都城市内の大学周辺で街頭宣伝をおこないました。若者の願いは野党連合政権でこそ実現すると訴え、政権の大黒柱となってがんばる日本共産党を大きくしてほしいと呼びかけました。松本たかし衆院3区予定候補も駆けつけ、訴えました。

 まじま氏は、日本共産党が「科学の力で今の社会を分析し、戦争も貧乏もない、差別も暴力もない未来を本気でつくろうとしている。みなさんと力をあわせ一歩一歩世の中を変えようと本気で頑張っている政党」だと紹介。「今度の総選挙の結果でみなさんの人生が大きく変わる。政権を代えれば日本を大きく変えられる選挙だ」と強調しました。

 民青宮崎県委員長は、コロナ禍の影響を受けた学生・青年から集めた声を紹介。「青年・国民の苦難軽減に力を尽くす日本共産党の躍進が、野党連合政権を樹立し青年の願いを実現する一番の力になります」と支援を訴えました。(しんぶん赤旗 2021年10月15日)

地域(調査活動・演説会・懇談会等)一覧に戻る